愛想の悪い私に優しく接するデリヘル

人見知りの私はラブホテルに派遣されてきた女性に会釈のみの挨拶で接しました。八王子デリヘルです。

女性の方は丁寧に挨拶してくれたにも関わらず、私は失礼な態度をとったのです。
どうせ今晩だけの付き合いだから嫌われてもいいやとどこか投げやりな自分がいましたが、この女性と体を絡ませることによって私の中に変化が生まれてきたのです。

女性は部屋に到着するとお店へのインコールを終わると私の横に座ってじっくりと見つめてきます。
さっきは愛想の悪い態度をとった私にも女性はプロとしての使命を果たすかのように私とのコミュニケーションに努めていました。
八王子のデリヘルはこんなにも人としてもレベルが高いのかと。
私は女性の姿勢に感動をしてしまい、自分の子供じみた態度に恥ずかしさを覚えてしまったのです。

女性がお風呂の準備をしている時に私は思わず、「さっきはしっかり挨拶できなくてごめんなさい」と言いました。
女性は作業をしながら「全然気にしてないよ。初対面だもんね」と優しく笑ってくれました。
これをきっかけに私は女性の優しさに触れて浴室やベッドでは身を委ねることができたのです。

キスからマッサージまで一つ一つに女性の愛情を感じてしまい、性的興奮とは別の部分を刺激された気分でした。
それからというもの私はこの女性を毎回のように指名するようになり、回を重ねるごとに仲良くなっていきました。

しかし、先日いつものように女性を指名しようとすると、女性はデリヘルを退職していたのです。
この時思ったのは私は女性のことを本当に好きになっていたんだなということでした。
八王子のデリヘルでそんな出会いがありました。